おっと...何かあったのか!?

私のアイルランド

インスピレーションをお探しですか?旅行を計画していますか?それとも自分自身を幸せにスクロールしたいですか?あなたにぴったりのアイルランドをご紹介します。

    アイルランドの魅力をご覧ください。

    ビザとパスポート

    アイルランドのパスポートおよびビザに関する要件は、国籍によって異なります。ご旅行の前に、お住まいの国のアイルランド大使館または領事館にお問い合わせください

    パスポート

    アイルランド共和国や北アイルランドへの入国の際、ほとんどの場合に有効なパスポートが必要ですが、一部例外もあります。

    • イギリス市民の場合は、公式の写真付き身分証明書を使用することもできます。
    • EU加盟国の市民は国民IDカードの使用も可能です。

    航空会社や船舶会社では、何らかの写真付き身分証明書(通常はパスポートまたは運転免許証)が必要となりますので、ご旅行の前に、ご利用の航空会社、フェリー会社、旅行代理店にどのような身分証明書が必要かを必ずご確認ください。

    現在、eパスポート(IC旅券)の使用が一般的ですが、アイルランドに入国する際に新たに取得する必要はありません。

    旅のヒント5選

    1
    EU加盟国の方がアイルランドと北アイルランドに入国するには、有効なパスポートまたは国民IDカードが必要です。
    2
    2021年10月1日以降、EU加盟国の国民が北アイルランドに入国する際には、有効なパスポートの提示が必要となります。
    3
    ご旅行の前に、ご利用の航空会社、フェリー会社、旅行代理店にどのような身分証明書が必要かを必ずご確認ください。
    4
    ビザの要件はお近くの大使館や領事館でご確認ください。
    5
    パスポートはアイルランド旅行の帰国日まで有効なものでなければなりません。

    クレア県キラロー

    ビザ

    アイルランドへの入国に際してビザが必要かどうかは、国籍によって異なります。

    欧州経済領域(EEA)加盟国(アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタインを含む欧州連合の27か国)や、イギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを含む多くの国の国民であれば、アイルランド共和国や北アイルランドへの入国にビザは必要ありません。南アフリカからの渡航者はビザなしでアイルランド共和国に入国できますが、北アイルランドに入国するにはイギリスのビザが必要です。

    アイルランドの外務貿易省はアイルランド渡航時のビザ免除国の一覧表を発表しています。

    ご自分の国がこの一覧表に含まれていない場合は、渡航前に最寄りのアイルランド大使館/領事館にお問い合わせの上、ビザの要件をご確認ください。北アイルランドへの旅行を計画している場合は、最寄りの英国大使館/高等弁務官事務所または領事館にお問い合わせください。

    短期滞在ビザ免除制度

    この制度は、イギリスへの有効な渡航ビザを持っている特定の国からの渡航者が、アイルランドをビザなしで訪問できるようにするものです。この制度の有効期限は2021年10月31日までで、制度加盟国一覧はアイルランド入国管理局(INIS)から入手できます。

    就労・学生ビザ

    アイルランド共和国でのワーキングホリデーをお考えですか? ワーキングホリデー許可証(WHA)については、最寄りのアイルランド大使館または領事館にお問い合わせください。また、アイルランドへの留学に興味がある方は、アイルランド入国管理局(INIS)で詳細をご確認ください。北アイルランドでの就労や留学をご希望の方は、イギリス入国管理局にお問い合わせください。